不眠症治療のツボを抑えて、不眠症を克服する総合サイト:不眠症の原因対策de早朝スッキリ!
TOP 快眠運動特集 不眠症対策 専門医に相談 | 初めての快眠寝具購入 | 不眠で悩む人の保険加入| 眠気を抑える|

HOME >> 快眠特集-わずか1分で、あなたも簡単に出来る「不眠症対策運動」!

快眠特集!その1-運動が不眠に効くワケ-

特集メニュー
1:専門家が提唱する理由2:ポイントは「乳酸の除去」
3:乳酸蓄積の仕組み4:1分で出来る!乳酸除去法
5:身近なクエン酸含有の食物6:クエン酸摂取の一工夫
7:快眠するための入浴条件

なぜ、適度な運動が不眠症撃退に効くのか?

あなたも、毎日の睡眠で
心からグッスリ疲れを取りたいと思いませんか?

ぐっすり深い眠りをとるには、適度な運動が効果的であると、
不眠症 運動 国内外のさまざまな研究結果で明らかになっていることです。

また、国内の著名な滋賀医大睡眠学講座教授の
宮崎総一郎氏をはじめ、

さまざまな著名医師や専門家が適度な運動を提唱しているのです。

不眠症対策には、適度な運動がよい! でもお話していますが、

人間は適度な運動がなければ不健康になってしまいます。
不眠症も同じことが言えるのです。


快眠のポイントは「乳酸の除去」

実は、よく耳にするであろう「乳酸」という疲労物質が
あなたの不眠に大きくかかわっていることも多いのです。

快眠を得るには、体の中から乳酸を取り除くことも、
ポイントの一つです。

乳酸の蓄積はどのようにして起こるのか?

乳酸は、アスリートなどではごく当たり前ですが
激しい運動の後に発生します。

この発生方法が、一番あなたのイメージでは強いものでしょう。
有酸素でエネルギーを発生させる方法では到底間に合わない

乳酸 不眠

補足エネルギーを生み出した場合の、
副産物として発生するのが乳酸なのです。

つまり、トレーニングをあまり積んでいない人が、
自分に合っていない運動量以上のことをすると、発生しやすいのです。

不眠の人は、基本的に運動量が足りていない割合が高いとされていますが、
不眠には運動が有効といわれたからといって、
急激な運動は逆効果を生み出す恐れがあるのです。

人間の体は、アルカリ性のPH値を保ったほうが健康には良いとされています。

しかし、体に乳酸がたまることにより、酸性の体になり、
その結果血液は流れにくくなり様々な健康障害が発生しやすい体内環境になってしまうのです。

これはつまり、筋肉中に乳酸がたまりやすい環境が出来る悪循環へとつながり
不眠症を招くことになってしまうのです。

わずか1分でできる!簡単乳酸除去

乳酸を誰でも簡単に取り除く方法があります。

それは、「クエン酸を多く含む食材、または栄養素を摂る」ことです。

一般的に、有機酸の一種であるクエン酸は、
疲労回復成分として知られているのをご存知ですか?

女性のあなたならさらに効果が望めます。
実は、冷えや肩こりにもクエン酸は作用するのです。

身近なクエン酸含有の食物

もっとも身近な食べ物は、梅干やお酢、レモンなどの柑橘(かんきつ)類です。

すっぱいものは、特に男性は好きではない人が多いでしょうね。
私ものその一人ですが、不眠を解消したポイントは、

このへんの食べ物を意識して、
クエン酸 不眠 予防 定期的に食べたことは大きく作用しているはずです。

身をもって体験していますので。

女性では、すっぱいものが好きな人も多いでしょう。

よく女性誌の特集などではお酢などのすっぱいもん特集をしていますよね。
冷えにも効くので、一石二鳥です。

最近では、もろみ酢や黒酢などが、大変人気ですよね。
不眠症にも効果が高いようです。

特に黒酢での不眠解消法は、NHKでも特集されるほど
有効な手段ですので、一度試してみることをお薦めします!


クエン酸摂取の際にする、一工夫とは?

あたまや肩、首筋などの筋肉をほぐしマッサージがとっても有効です。

不眠を感じる人の多くは、運動不足の傾向があります。
そのため、血管もあまり柔軟ではなく、血流の流れもさほど良くないことは先ほどもお話しましたよね?!

こうした筋肉をほぐし、血流を良くし、

老廃物を出来るだけスムーズに排出するという一工夫が、
よりクエン酸の働きを効果的にします。

また、クエン酸含有物の食べ物と一緒に、
ビタミンBを含む食べ物や成分と一緒に摂取することがお薦めです。

ビタミンBとクエン酸は非常に相性がよく、疲労回復を促進します!
ぜひ、同じタイミングで試してください。


不眠を解消する入浴方法

毎日の入浴。
じつは、少し一手間加えるだけで、不眠の解消法に役立ちます。

さきほど、疲労=乳酸を取り除くことは、あなたの快眠につながるという話をしました。

この疲労回復は、入浴の際に浴槽のお湯の温度を高めに設定することで
快眠入浴方法 より多く期待できるのです。

コツとしては、
43〜44℃程度のお湯に、しっかりとつかることです。

出来るだけ、換気扇は使用しないほうがいいです。

※もちろん人によっては、温度差がありますし、換気の必要はあります。
自分にとって、熱めのお湯と理解してください。

一般的には、40〜41℃が丁度いい湯加減ですね。

ぬるいお湯に長時間入るより、熱いお湯に短期間のほうが、
疲労回復という点では効果が見込めます。

サウナは、入浴より効果的です。(温度が高いので)

自分の体調とよく相談し、疲労回復を目的に熱めのお風呂や
サウナはぜひ毎日の生活に取り入れてみてください!

薬を飲まずにグッスリ眠る!人気ランキング特集

不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法 【 不眠症 】 奇跡の不眠解消法 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

快眠特集ピックアップ

ヨガで快眠しよう!特集梅干を食べて、快眠しよう!特集
お酢効果で、快眠しよう!特集
不眠症原因対策 不眠症なんて怖くない!コレだけは押さえておこう
不眠症 入眠障害タイプ
不眠症 中途覚醒タイプ
不眠症 早朝覚醒タイプ
不眠症 夜驚症タイプ
不眠症 症候群性不眠症タイプ
不眠症対策 食事編
不眠症対策 入浴編
不眠症対策 適度な運動編
不眠症対策 寝室作り編
不眠症対策 寝具・枕編

不眠症治療を受けられる病院・医療機関
不眠症専門の病院に行くその前に。。。
不眠症の病院 北海道 東北
不眠症の病院 関東
不眠症の病院 東海 近畿
不眠症の病院 信越 北陸
不眠症の病院 中国 四国
不眠症の病院 九州 沖縄
不眠症治療の病院を募集しています



不眠症治療のツボを抑えて、不眠症を克服する総合サイト:不眠症の原因対策de早朝スッキリ!